外壁塗装の費用を抑えるポイントとは?相場や選び方を解説

外壁塗装の費用を抑えるポイントとは?相場や選び方を解説

外壁塗装は住宅の修繕のなかでも、高額な費用が発生するものです。
できるだけ費用を抑えたいのならば、いくつか把握しておかなければならない点や、施工前にしっかりと確認しておかなければならない点があります。そのいくつかのポイントについて説明していきます。
(なお、当記事で提示している金額はあくまで相場となりますことをご了承下さい)

外壁塗装の費用相場

外壁塗装をやるにあたって、最初に調べておくべきことは「費用の相場金額」です。これは外壁塗装に限ったことではありませんが、リフォームや修繕というのは相場をしっかりと把握しておくのが大切です。

費用相場を知らないままだと、悪徳業者に騙され、相場よりも高い金額を提示してくる業者と契約してしまう可能性があるからです。外壁塗装の費用を少しでも抑えたい、悪質な業者に騙されたくないといった方は、必ず調べておきましょう。

外壁塗装の費用はどれくらい?内訳は?

外壁塗装にかかる費用というのは、さまざまな要因によって決まってきます。具体的には建物の築年数、塗装にかかる期間などを鑑みて決まってきます。その中でも、おおよそ目安となる金額は、建物の大きさで出すことができます。20坪の建物でおよそ50万円、30坪だと65万円以上となっています。

しかし、この金額はあくまでも目安です。費用を少しでも抑えたいなら、金額の内訳を把握しておかなければなりません。外壁塗装の何にどれくらいの金額がかかるのか、どの部分を変更できるのかといったことを施工前業者に確認しておくようにしましょう。

外壁塗装に掛かる費用の内訳は主に、「塗料・養生に使用する材料費」「足場関連の費用」「塗装職人にかかる人件費」「材料運搬費・出張費用」の4つになります。この4つをさらに細かくみていきましょう。

塗料・養生に使用する材料費

外壁塗装にかかる費用で大きな割合を占めているのが「材料費」になります。材料とは、塗料・養生シート・飛散防止ネットなどのことです。

これらの材料は外壁塗装をするのに欠かせないものなので、完全に削ってしまうことは出来ませんが、価格の安いタイプのものに変更することは可能です。例えば塗料ならば最高グレードの「無機塗料」や空気浄化効果があるとされる「光触媒塗料」、耐久性に優れた「フッ素塗料」といった価格の高いものを使用せずに、アクリル塗料やウレタン塗料といった安価なものを使用すれば、費用を抑えることが出来ます。また飛散防止ネットでも、ネットの目の細かさによって金額が異なってきます。

以上のようにグレードの低い材料を使うことで、外壁塗装に掛かる費用を抑えることはできます。とはいえ、グレードが低い材料にはそれなりに理由があります。安価な塗料は耐用年数が短かったり、安い飛散防止ネットは、目が大きかったり破れやすかったりする場合があります。そのため、費用と効果のバランスを考えて材料を選ぶようにしましょう。

足場関連の費用

足場も外壁塗装を行う上で欠かせない工程です。そのため、外壁塗装費用に足場費用は必ず付いてくるものと思いましょう。

足場費用はかなりの高額になる場合が多く、外壁塗装費用の約20%を占めています。業者によってはこの足場費用を無料にする、もしくは大幅割引にするといって勧誘しているところもあります。しかし、そういった業者は足場費用が安くなっている分、他の費用を高くしていることが多くあります。足場費用の割引だけに目をとらわれずに、全体の費用のバランスを見る必要があります。

塗装職人にかかる人件費

外壁塗装をしてくれる職人への費用です。この費用は職人の経験年数で大きく違いが出てきます。もちろん経験が豊富な職人だと高くなり、経験の浅い新人では安くなることが多くなっています。

また掛かる工期が長ければ職人の拘束時間が長くなるので、おのずとこの費用が高くなってしまいます。

総合的に見た場合、経験豊富な職人に短い工期で上手く仕上げてもらうというのが、一番効率が良いと言えるでしょう。

材料運搬費・出張費用

その名のとおり、材料を運搬する費用や、職人の移動にかかる費用などです。その他の事務手数料も含まれます。

費用を安くするにはどんな外壁塗装業者に依頼するのが良いか?

ここまで外壁塗装に関する費用で注意する点をみてきましたが、結局のところ、どんな外壁塗装業者に依頼をすれば費用を抑えられるのかをまとめてみます。

見積もりを細かく出してくれる業者

外壁塗装の見積もりを出してもらった時に、その見積内容をしっかりとチェックするようにしましょう。見積もりの項目が細かく分かれており、不透明な部分が見られない業者は、安心して依頼できると言えます。

逆に細かく見積もられておらず、「足場一式」「飛散防止ネット一式」といった用語で済ませている場合は要注意です。また足場や下塗りの面積をきちんと図ってないであろう見積もりも、危険信号と言えます。

依頼主の希望に沿った材料を使ってくれる業者

依頼主の希望をしっかりと聞いてくれ、それを施工に反映してくれる業者も任せて大丈夫と言えるでしょう。逆に依頼主の希望を聞かずに、勝手に高い材料を使おうとする業者には注意が必要です。見積書の説明時に材料の種類に触れてこない場合は、しっかりと内容・金額を確認できるよう質問しましょう。

すべて自社施工の業者

外壁塗装業者のなかには中間業者を介しているところがあります。そういった業者を利用すると中間マージンが発生してしまうので、費用が高くなりがちです。費用を抑えたいなら、すべてを自社で行う自社施工の業者を選ぶようにすれば費用が抑えられます。

まとめ

以上のように、外壁塗装費用を抑えるにはいくつかのポイントがあります。安心して依頼できる業者を選び、満足のいく外壁塗装を行いましょう。

千葉県船橋市にあります株式会社「ティーダ」は外壁塗装のプロです。お客さまに満足していたただける確かな技術と安心価格で対応させていただきます。外壁塗装のことなら、ぜひ当社へご相談ください。